私は以前、愛車だった日産エクストレイルを業者に買取査定し

私は以前、愛車だった日産エクストレイルを業者に買取査定してもらいました。


様々な査定方法がありましたが、私の場合、インターネットの一括査定サイトを利用しました。査定の時、最高額の査定をしてくれた会社の方のお話ですと、意外な事に、買取ってもらった季節が見積額を上げた要因だったそうなんです。私が買取してもらったエクストレイルを例に出しますと、夏に売れるそうですから、高く売ろうとするなら、春から梅雨の時期に買い取ってもらうのが良いようなので、また車を買い取ってもらう時は季節を意識しようと思っています。

査定では改造車はどのような扱いになるのかと聞かれますが、一概にこうだと言い切ることはできません。もし改造に使用したパーツが市場でも人気の品物なら場合によっては加点も期待できます。とはいうものの、パーツの状態が悪ければ買取後にメンテ費用がかかるため、逆にマイナスをつけられる可能性もあります。趣味に走りすぎたものや使用用途が限定されたものも市場ニーズが見いだせないため、マイナス要素になりえます。

そのような結果にならないよう、査定時には車はノーマルに戻しておき、市場ニーズのあるパーツはカスタムショップやオークションで売ると良いでしょう。中古車の売却を考えたならば、一番最初にすることは、売却予定の車のおよその査定金額相場を把握することでしょう。査定金額の相場を把握することによりとても安い値段で取り引きさせられるリスクを大きく回避できますし、事前に調べた相場よりも高値で取り引きしようとしてくれる業者にその場で契約を決めてしまうことも出来てしまうのですね。複数の買取業者にWeb上からアクセスして一括査定できるページが存在するので、そのサイトを利用すれば自分の車の相場価格が分かります。


業者が提示した買取額で了解し、実際に売却する手続きに入ると書類をそろえる必要があります。普通乗用車と軽の場合は違いもありますから注意してください。



普通車でも軽でも必要なものといえば車検証で、あとは車の自賠責保険証、リサイクル預託証明書(もしくは自動車リサイクル料金の預託状況でも代用可)、納税証明書ですが、紛失している場合は再発行してもらってください。



印鑑については実印と印鑑証明が必要ですが、軽の場合はよくある認印(インク浸潤式以外)であればOKですし、印鑑証明書の提出も不要です。私が知る限りでは、最も車を高く買い取ってもらうための方法として思い切って同時査定を受けてはいかがでしょうか。
一括査定サイトなどから同時に複数の業者からの現物査定を受けることで、その場で買取価格を競い合ってもらい、各社の査定額を比較します。



オークション形式での査定であれば、もっと高い買取価格も夢ではありません。また、必要書類の準備をしてその場で契約成立できるようにしておくこともコツの一つです。

自動車を売買契約した後に買取金額が減額となってしまったり、クーリングオフ不可というトラブルが多く発生しています。契約書を詳細に読んでおかないと後から困るのは当人なので、面倒くさいと思わず読むようにしてください。特に、キャンセル料の有無は大切なことなので、十分確認するようにしましょう。

中古自動車を売ろうとする際に、車検の残り期間が沢山残った状態の場合には、査定金額に上乗せされることが多いでしょう。

しかしながら有効期間が1年以下になってくると評価も下がっていき、車検切れまで残り半年くらいになると見積額に影響することはほぼなくなるのです。でも見積金額アップを狙って自動車を売る前に車検をする必要性は低いのです。たとえ車検の有効期限がフルで残っているような場合でも、車検にかかる総費用分以上に査定金額の上乗せはないからです。マイナス査定の要因になり得るものとして、1年間の走行距離が平均1万キロ以上である、車色が好まれない、傷や汚れが目立つ、付属品の破損がある、タバコの臭いが染み付いている、などが見られます。

さらに、車体に修理をしたことがある場合もマイナス査定の要因となります。万が一、修理部分があると大幅に査定が下がると考えられます。走行距離数が一定以上の車というのは、買取り業者による査定の際は、走った分だけ減点評価されるのが普通です。減点の目安としては、多走行車と言われ始めるのが5万キロ以上で、10万を超えると過走行車となり、ほとんどの業者はゼロ円を提示してくるでしょう。

かといって車の価値がゼロ円だのといったわけではなく、まだ道は残されています。

この業界には一般の中古屋とは別に、過走行車専門店があります。そういった業者に相談すると、使えるパーツ単位で計算して相応の値段をつけて引き取ってくれます。



自動車保有者の全員が加入を義務づけられているのが自賠責保険ですが、この保険はある条件を満たしていれば自動車を引き払うときに保険金が還付されることがあるのです。ある条件とは、自賠責保険の残り有効期限が一ヶ月以上あって、廃車にすることを決めた場合です。売却するときはお金は戻って来ません。

更に、保険金の還付があったとしても自動で口座に振り込まれたりするわけではないのです。



自賠責保険会社に対して自らが手続きをしてはじめて還付されます。
自家用車を手放そうと決めたら、出来るだけ綺麗に清掃してから車を売りに出すことです。丁寧に清掃する方が良いわけは2種類あります。
一個目は、査定士に「このオーナーは車を丁寧に扱う人だ」と好印象を持ってもらえるからです。
2番目の理由は、自動車の中にこもった臭いを軽減することが可能だからです。車内に煙草やペットの臭いがある場合、その具合によっても異なりますが、査定額を減額されても文句は言えませんね。



車内に残っている汚れが臭いの元凶ですから、細かな部分まで清掃することで嫌な臭いを軽くする事ができるのです。
車の買い換えですが、最近では、買い取り業者に査定を依頼し、車を売却することも一般的になってきました。
その際、気を付けておきたい点があり、査定を受ける車の事故歴、修復歴について、わざと伝えず、隠そうとした場合はどうなるのか、です。車の売却時、業者と契約書を交わしますが、そこに買取査定規約が記載されていて、そこに、車を売却する人が、その車の事故歴についてわかっている場合には申告義務があることが書かれています。



なので、事故歴や修復歴があるのを知っていながら、それを相手に伝えていなかった場合には、売買契約を済ませた後でも業者は事後減額要求できることになっていますので、査定額を落とさないために事故歴を隠すと却って損をすることになります。自分で所有する車を売ろうとするときには、手続きに必要となる書類の中に車庫証明は入っていません。
車を売却するときは不要でも、新しく車を買ったときには、車庫証明を取得する手続きを行う必要があるのです。
これは販売店側で代行サービスを行うケースが多いですが、自分が取得手続きをするのが本来の姿です。多少面倒な手続きではありますが、手数料分が節約できますから、トライするのも結構ですね。



個人で手続きする際には、以前乗っていた車の行く先を説明する必要があるため、車の売買契約書を持って行きましょう。
車の査定の仕事をする場合に絶対必要になってくる国家資格はないのですが、中古自動車査定士と呼ばれる民間資格があり、これは国が後援しています。
この資格はJAAI(日本自動車査定協会)によって認定され、大型車、小型車の二種類存在しています。


技能および学科試験をクリアして、なおかつ半年以上の実務経験がないと与えられませんから、中古自動車査定士の資格があれば、ある一定以上の経験や技能があるということを証明してくれるはずです。車を高く買い取ってもらうなら掃除やメンテナンスも大事ですが、一番大事なのは見積りです。



ひと手間かけて一社ではなく複数の業者さんに見積りを出してもらうほうがいいでしょう。


営業さんもプロですから、1社だけだと「うちならこれだけ出します」と言うでしょう。
さらにその場で少し上げてくれるかも。いわゆる営業マジックです。
競争相手がいないのに価格を上げたら、営業さんの査定は下がりますよね。

普通はそこまでしないと思ったほうが良いのではないでしょうか。



最低でも2社は比較するようにして、納得がいく価格を提示してきた会社を選べば、あとになって後悔することもありません。

Related Posts

車種またはタイミングで変わると思いますが外車では、買取業

車種またはタイミングで変わると思いますが外車では、買取業者に買い取ってもらおうとすると納得のいくような査定額に […]

Read More

軽の車買取で高値で車を売り渡すには、ネ

軽の車買取で高値で車を売り渡すには、ネットの一括車査定サイトで多くの車買取業者の査定をお願いするのが推奨されま […]

Read More